パティシエ紹介

パティスリーMIWA

三輪壽人男シェフ

住み慣れた鎌倉に新たな風を吹き込みながら地域の方々や多くのファンに 親しみやすい商品を提供できたらと考え、 「パティスリーMIWA」は鎌倉に幸せの風を運んでいます。特に季節ごとに並ぶ期間限定ケーキは旬のフルーツをこだわりの農園より直送のものを使用しております。 ぜひ季節ごとに楽しんでいただけたらと思います。また定番のケーキは人気のスペシャリテを、 いついらしても変わらぬお味をご用意して皆様のご来店を心よりお待ちしております。


パティスリーMIWAオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

コンディトライ・ニシキヤ

西田喜孝シェフ

3代目シェフは「洋菓子職人テレビ・チャンピオン」準優勝の実力。 原材料を吟味し、完成されたテクニックで、四季の香りをお届けしています。 祖師谷の名店として、先代からの味を伝えると同時にクオリティの高い最先端ケーキを発信。 ウエディングや誕生日など特別な日にはあなたのイメージにぴったりのケーキをお創りいたします。 撮影用ケーキ、600名位までのパーティ・ケーキなどいろいろなご要望も承ります。


コンディトライ・ニシキヤオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

森 大祐シェフ

東京製菓学校卒業後「ロイスダール」「グランドハイアット・東京」等都内パティスリーを経て、2007年渡仏。 パリの「ローラン・デュシェンヌ(M・O・F)」「モワザン」にて研鑽を積む。「モワザン」ではシェフパティシエとして勤務。 フランスで学ぶ日本人パティシエの支援、日仏のパティスリーの架け橋になればと「Le Pont Artisans(エッフェル会)」を設立。 会長として活動に取り組む。現日本支局長。「シャルル プルースト 味覚部門」優勝など、他コンクール受賞歴多数。 2010年帰国、東京・豊洲の「パティスリーSAKURA」のシェフパティシエを経て、2016年夏頃に自身のお店をオープン予定。


シェフのレシピはこちら(PDF)

アルカイク

高野 幸一シェフ

札幌「シャトレーヌ」、広尾「クレモン・フェラン」、等々力「オーボンヴュータンで修業後、渡仏。 1999年に帰国し、埼玉・川口「オーベックファン」のシェフ・パティシエに。 2004年10月、同・川口に「アルカイク」をオープン。


アルカイクオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

パティスリー・ラ・ヴィエイユ・フランス

木村成克シェフ

木村氏は渡仏後、数店の洋菓子店に勤務し、パリの老舗店「LA VIEILLE FRANCE」のオーナーで "ルネ・エルマベシエール氏"の師事の元、修行。 11年間のフランスでの勤務を活かし、帰国後数店のシェフ・パティシエに就任。2007年に LA VIEILLE FRANCE (ラ・ヴィエイユ・フランス)をオープン!


パティスリー・ラ・ヴィエイユ・フランスオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

スイーツガーデン YUJI AJIKI

安食雄二シェフ

葉山「鴫立亭」を経て横浜ロイヤルパークホテルのオープニングスタッフを務める。 96年にはベルギーの菓子コンクール"マンダリン・ナポレオンインターナショナル"で日本人初の優勝という快挙を成し遂げる。 98年からは自由が丘「モンサンクレール」のスーシェフとして活躍。 01年~08年7月まで「デフェール」のシェフパティシエを務める。


スイーツガーデン YUJI AJIKIオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

御影高杉

高杉良和シェフ

ひとつひとつのお菓子には夢があり物語があります。 私たちはこだわりを大切にし、素材そのものを生かし絶妙な組み合わせにより、奥深い味わいの ある夢を広げたいと思っております。 日本の四季を大切に折々の旬の味を生かし、巧みなバランスで仕上げた季節感あふれるお菓子を お届けできればと願っております。


御影高杉オフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

菓子工房アントレ

高木康裕シェフ

実家は製菓店。幼い頃からお菓子づくりに身近に接することができる環境で育ったこともあり、高校に進学する頃には、自然とパティシエをめざすようになる。 「エコール 辻 東京」製菓課程の1期生として入学。卒業後、辻調グループフランス校に留学し、本場の味や技術を学ぶとともに、現地の有名店で行う半年間の研修など、 たくさんの貴重な経験を積む。現在は『菓子工房 アントレ』のチーフパティシエとして勤務。


菓子工房アントレオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

ロートンヌ

神田広達シェフ

18歳で『ら・利す帆ん』に就職。現・モンサンクレールの辻口シェフと共に働く中で作品作りへの姿勢を学んだ神田氏は、 その4年後、コンクールに挑戦するために同店を退職。日本とフランスの往復生活を4年間繰り返し、 22歳の時、フランスの”チョコレートのワールドカップ”とも呼ばれる「ジャン・マリー・ジブナレル杯」のチョコレート部門で2位を獲得。 98年、実家が経営する『ロートンヌ』を引き継ぎ、オーナーシェフとなる。


ロートンヌオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

パン工房 風見鶏

福王寺明シェフ

埼玉県出身。1977年からパンの世界に興味を持ち、修行を始める。 アンデルセン勤務中にパン技術研究所で製パンを学び、路面店で10年間勤務したのち独立、 1987年に東浦和で「パン工房 風見鶏」を開業。2006年、店を現在の場所に移転し、リニューアルオープン。 自身が開発に携わった「ホシノ小麦酵母(赤)」を使ったプロ向けのセミナーの講師として 活躍中。 開業希望者への技術指導も行う。趣味は、友だちの散髪(バリカン&はさみ)。


シェフのレシピはこちら(PDF)

夢菓子工房ププリエ

大橋健二シェフ

1978年のオープン以来、「作り置きしない」をモットーに、いつもフレッシュな商品を提供しています。 生ケーキはもちろん、焼き菓子も作りたての味と香りをお楽しみ下さい。 商品は自家製マロンクリームを使った人気商品の「モンブラン」をはじめ、 プチガトー20種類、アントルメ15種類、焼き菓子80種類、チョコレート20種類など幅広くご用意しています。 バラエティに富んだオリジナルギフトは進物としてご好評いただいています。店内にはカフェも設けてあり、ケーキとお茶をお楽しみいただけます。 ププリエは東松山市を中心に4店舗あります。いつも笑顔の販売員が皆様のお越しをお待ちしております。


夢菓子工房ププリエオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)

キャトーズ・ジュイエ

白鳥裕一シェフ

昭和40年9月29日生まれ。出身地:埼玉県浦和市 フランス菓子の素晴らしさ、楽しさを、皆さんに知っていただきたい想いで店をオープンして以来17年が過ぎました。 これからも最新のフランス菓子を私なりの表現を加え、発信し続けたいと思っております。


キャトーズ・ジュイエオフィシャルサイト

シェフのレシピはこちら(PDF)